act270724

州議会企画によるエカテリンブルク市内ツアー
★「鉱山博物館」訪問

午前10時にホテルロビー集合。
州議会担当の案内で、エカテリンブルク市内視察ツアーとなりました。
まずは、ウラル山脈鉱物資料館として有名な「鉱山博物館」訪問。
ウラル山脈の鉱山の歴史と豊富な鉱石の歴史が凝縮されているようで、目を見張るものばかり。プラチナ、水晶、アメジスト、マラカイトの原石や、宇宙からの隕石の実物があり、触ってパワーをもらいました。各国大統領や世界を代表する著名な方々等の来館記録もあり、大感激!豊かな資源に恵まれた国で、そういえば、各建造物など、贅沢に鉱物が使われているような気がします。素晴らしい!!

act270724-2

★市内散策から境界線エリアへ

鉱山博物館を後にして、道路建設大学や政治大学などの学園都市エリアを回り、コンサートホールや教会、鉄道記念館などをバスの車窓より見学。将来の職業と直結する教育体制が充実しているように感じました。
やや小雨降りしきる中、担当よりおすすめスポットの画像と説明が続きます。バスは、ウラル山脈のアジア圏とヨーロッパ圏の境界線に到着。ユーラシア大陸はウラル山脈を境にアジアとヨーロッパに分かれており、ここは有名なスポットとか。境界線を越えると、もうヨーロッパという響きに何だか感激!!このあたりは、幸せの絆スポットでもあるようで、結婚式を終えたカップルが家族と立ち寄り、幸せのリボンを木に結んでいる風景に遭遇。カラフルなリボンがギッシリ結ばれている。同時に神秘的な風情も感じられる不思議な空間!

act270724-3

★森のくまさんレストラン

白樺の森を移動し、どんどん進んでいくと、目の前に自然美豊かな空間が広がっています。木造りの落ち着いた風情のレストランが、本日のランチタイムのレストラン。店内に入ると、大きな熊さんのオブジェがゲストを迎えてくれるので、名付けて「熊さんレストラン」
と、勝手に命名。
ロシアの伝統的なメニューに舌鼓。自然の食材を活かした味わい豊かなメニューが、次から次へと運ばれ、薩摩とロシアの思いやり文化交流の話と食が弾みました。感謝!

act270724-4

★TV取材を受けて

十分にランチタイムをエンジョイした私達一行は、ホテルに戻り、フリータイムかと思いきや、急なTV取材が入り、急ぎ、サムライ装束に着替えてロビー集合。
エカテリンブルク市の中心部で、公園などの広場を自然体でWalkingしながらの撮影となりました。広場では、大きなイベントが開催されていましたが、7人の薩摩武士行進は、インパクトあり!!地元の皆さんにすっかり注目されておりました。