act270729%e6%8c%af%e3%82%8a%e8%bf%94%e3%82%8a

■今回のロシア視察ツアーを振り返って

ロシア視察ツアーでの一週間は、私共「薩露交流促進協議会」にとりまして、大変意義深いものとなりました。
今回の大きな目的は、17日午前2時からロシアのエカテリンブルク市にて行われた「十字行」に参加することでした。ロシア革命により惨殺された5人の子供を含めたロシア皇帝一家を偲び、惨殺された場所から墓所までの約24キロを巡行、今年は雨天にも拘わらず約6万人の人々が参加いたしました。
この巡行に私共が参加した最大の理由は、島津忠義公とニコライ皇太子との間にあった歴史的信頼、友情と、それにより大津事件という国難を回避できた歴史的事実に感銘を受けたためです。
妙円寺参りの如く薩摩武士装束で参加した私共を、地元の方々は大変歓迎して下さり、メディアの取材も相次ぎ、おかげさまで、ロシアで一躍脚光を浴びることとなりました。テレビ局11社、新聞社38社、約50社のメディアを通じ全国に報道された次第です。
連日のニュース報道で薩摩、島津、サムライの言葉が、ロシア国民にも広く浸透するところとなり、「鹿児島、薩摩PR」という私達のアピール目的が想像以上に十分成果を挙げたのではないかと思っております。

☆お礼☆
このような有意義な視察が実現しましたのも、多くの皆様方の心温まるご指導とご協力があったからに他なりません
陣羽織、陣傘等のサポートを熱心にしていただきました「妙円寺詣り武者行列保存会」の門松慶一様とその関係者の皆様。各関係先へのお土産として美味しい「鹿児島茶」を全面的にご提供して下さいました下堂園様。そして、陣傘、薩摩武士装束のアドバイス、サポートをしていただきました西郷家関係者、若松様はじめ、陣笠調達にご協力くださいました共立学舎・共立幼稚園理事長、興国学舎・興国保育園園長。また、陣傘の着用法について直接ご指導を賜った松風会の吉村様等など。皆様には心よりお礼申し上げます。
その他、私共の活動に対しご協力していただいております「鹿児島旭日会」の皆様はじめ、「薩露交流促進協議会」をサポートして下さる有志の皆様方からも真心のこもったアドバイスを沢山頂きましたこと、心より感謝申し上げます。最後に、今回参加できなかった事務局関係者の皆さんの熱心な活動と協力があった事は、言うまでもありません
お力添え下さいまして誠にありがとうございました。皆さま方との総力を結集した成果だと確信いたしております。
今後とも、島津忠義公とニコライ皇太子の深い友情を大事に、薩摩とロシアの「心の文化の交流」促進に向け、民間レベルではありますが、精進努力してまいりますので、ご指導、ご協力のほど、どうぞよろしくお願い致します。