act270723

★ニコライ2世十字行24キロ巡行に参加

2015年7月17日午前1時半、私達は薩摩サムライ装束でホテルロビーに集合。
地元スヴェルドルフスク州議会スタッフの案内でロシア正教大聖堂のスタート地点にマイクロバスで到着となりました。
神聖なる教会前には6万人以上の人々が集まっており、テレビ中継の中をステージまで案内され威風堂々の行進!
サムライ姿の私達の登場に多くの報道陣が詰めかけ、ひっきりなしにインタビューを受けました。
十字行とは、ニコライ2世一家を偲ぶ巡行。ニコライ皇帝ファミリーがロシア革命によりエカテリンブルクの地で暗殺され、24キロメートル離れたガニナ ヤマで埋葬された距離を、新生ロシアに生まれかわってから毎年7月17日の命日に恒例行事として巡行するようになりました。
霧雨の中、老若男女が讃美歌を力強く歌いながらの行脚。特に我々7人のサムライに多くの参加者の方々が水やチョコレートを勧めて下さり、温かくサポートして頂き、とても励まされました。
行進中にも拘わらず写真撮影を頼まれたり、取材陣から感想を聞かれたりもしました。薩摩サムライの威厳を保つ為、トイレも我慢しながらひたすら歩き通し、目的地まで完歩致しました。
ガニナ ヤマ到着後は、ロシアの皆さんと同じ体験が出来、感無量の充実感!地元民・参加者とも一緒に完歩を喜び合い、次から次へと多くの人達に囲まれ写真撮影の連続。
薩摩、鹿児島を最大限にアピールする事が出来ました。
ロシアの皆さんの温かい思いやり、人なつっこさに触れる事が出来、本当に感謝感激の貴重な体験となりました。

act270723-2

★TV局でのインタビュー

「十字行」の巡礼ツアーに参加した私達一行は、いったんホテルに戻り朝食タイム。
一大イベントに参加した各人の思いと反省を語り合いながら。。
そしてひと休憩後、午後からTV局での番組出演となりました。
薩摩武士装束を各自カッコよく着こなし?、再度いざ出陣の気持ちで、マイクロバスに乗り込み、おしゃれな建物のTV局に到着。「ロシア正教TVチャンネルソユーズ」と「ロシア正教ラジオ局ヴォスクレセニエ」でのインタビュー。緊張しながらも思い出深い体験となりました。
地元では多くのTVニュースに取り上げられましたが、その一つをご紹介。ご覧ください。
http://www.vesti.ru/doc.html?id=2642257

act270723-3

★「ロシア正教大聖堂」見学

TV局の次に向かったのは、「ロシア正教大聖堂」。ニコライ2世十字行の出発地点。
サムライ姿での訪問は、おそらく私たちが初めてだったのでは。。。
聖堂内のみごとな装飾に大感激!!ロシア正教の歴史と伝統と文化の香り高い貴重な資料も、丁寧に、そして熱心に説明していただき、ロシア正教真髄の一部に触れた思いでした。荘厳さと清々しさ広がる神聖な空間で、身も心も洗われ、すがすがしい気分に!!
最後に、貴重なカレンダー付資料を頂戴し、感激頂点に!!ニコライ皇帝への思いがさらに深まりました。感謝!

act270723-4

★州議会関係者の皆さまとの夕食会

マイクロバスでいったんホテルに戻り、州議会関係者との夕食会参加の準備。
さすがにサムライ装束では大変なので薩摩の現代人スタイルでの参加となりました。
ハイアットリージェンシーホテルレストランにて14名の参加。今回の交流で、ロシアの人々と私達日本人との共通点がいかに多くあるのか、お互いの認識を深めることができた気がいたします。
島津忠義公とニコライ皇太子の友情で始まった歴史的な交流を大事に、今後も文化の交流を基本にさらに深めていけたらとの思いが広がり、楽しいひと時となりました。