6月8日(金)、ロシア大使館で「ロシアの日」記念式典が開催されました。
今年は日本通のミハイル・ガルージン新任大使が就任されたことで、会場には旧知の関係者が集い、これまでより多い800名余の参加者となったようです。
諸外国の駐日大使等に加え、日本側からは世耕弘成経済産業大臣兼ロシア経済分野協力担当大臣を筆頭に政財界、関係省庁の方々が列席されておられました。

薩露交流促進協議会の有志10名程もロシア新任大使と握手を交わし、また、鹿児島へ来られたドミトリー公使参事官とも旧交を温め、有意義な時間を過ごしました。
特に今回は、日本を代表するロシア文学者、翻訳家でもある「昇曙夢」(奄美大島出身)の血縁者、昇わこ様も出席し、ロシア大使館へ昇曙夢著名作品目録が贈呈されました。その他、奄美大島出身の音楽作家、プロデューサーのヤナギマンこと、柳幸康さんもご参加。国際的に活躍なされ、日露音楽交流に高い関心を持っておられます。